薄毛の原因にもなり得る5αリダクターゼとは。


※ステロイド生合成経路

薄毛の原因物質、5αリダクターゼは耳にしたことがある方も多いでしょう。

原因になるなら減らせばいいと思ってしまいますが、5αリダクターゼはそうは単純にいかない厄介な性質を持っているのです。

男性ホルモンと結合することで脱毛してしまう!

髪の毛を脱毛させてしまう働きがある5αリダクターゼは酵素の1つで、年齢や性別を問わす誰でも一定数は身体に持っています。

ですから、5αリダクターゼ自体が薄毛の原因というわけではありません。

実は5αリダクターゼと、男性ホルモンの一種であるテストステロンが結合して生まれる「ジヒドロテストロン(DHT)」が強力な脱毛パワーがあるのです。

5αリダクターゼやテストステロン単体では問題ない物質です。

その結合物であるDHTが活発になると、髪の毛の生育の指令を出している毛乳頭細胞に張り付き、脱毛させる指令を出してしまいます。

その結果、髪の毛が細くなったり、途中で抜けたり、毛乳頭細胞が髪の毛の生成を休止し新しい髪の毛が生えなくなってしまうのです。

5αリダクターゼはどこに存在する?

誰もが持ち合わせている5αリダクターゼですが、頭皮のどこに多くあるかというと皮脂腺です。

皮脂腺から分泌して男性ホルモンのテストステロンと結合するので、頭皮を脂っぽくしていることも分泌の度合いを高めてしまう要因になります。

その点で頭皮を清潔にしておくことや、動物性の食事に偏らないことも予防としては有効です。

また、頭頂部や前頭葉に多く存在することから、男性特有の頭頂部やM字が薄くなるケースが多くなります。

調節できない分泌量

5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合して、脱毛パワーの高いDHTを生み出すことが根本的薄毛の根本的な原因です。

それなら2つの物質の分泌量を減らせば、結合することも少なくなりますよね。しかし、そうはいかないのです。

男性ホルモンのテストステロンは、ほとんどの方が同じ程度の分泌量です。

筋肉を維持したり、男性機能にもかかわる働きがあります。分泌量を減らせば健康被害になってしまいますし、自分の意思や食生活などで簡単にコントロールできるものでもありません。

一方、5αリダクターゼの分泌量は個人差が大きく、その理由は遺伝によるところが大きいのでコントロールするのは容易ではありません。

そこで少し考え方を変えて分泌量ではなく、結合しないようにすることで直接的な原因物質のDHTを作らなせないようにすれば効率的です。

結合させない!育毛は薄毛の原因物質を作らないことから!

2つの物質が結合しなければ、脱毛や髪質低下を促すDHTができません。

これを逆に利用して育毛をすることができます。

結合を阻止することで、髪の毛にとって正常な環境・機能を呼び戻すことが可能です。

そのためには結合をブロックする物質を、頭皮に与えてあげることが重要です。

さらに、元通りの頭皮環境に整え直すためにも、髪の毛や頭皮を元気にする栄養素も補ってあげることもプラスになります。

そのどちらも出来る育毛剤こそ、髪の毛の本来の力を呼び起こすことができるのです。

育毛というと、今ある髪の毛を強く増やすイメージですが、そもそもの原因を作らなくする方が、自分の髪の毛自身のパワーで元気になる効果も定着します。

まずは環境を取り戻すために、不要な物質を作らない、排除することから始めましょう。

5αリダクターゼを結合させない育毛剤

5αリダクターゼを結合させない育毛剤として、ブブカゼロが挙げられます。

ブブカゼロは個人的にも非常におすすめの育毛剤です。

【関連記事】
【2019年最新】BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の口コミと効果。実際に使ってみた感想も!