育毛剤と発毛剤の違いを具体的に解説します

薄毛が気になり始めて色々と調べてみると、育毛剤と発毛剤という似たような言葉に出会います。

どちらも薄毛の対策に使用するイメージであまり違いが無いのではないかと思われがちですが、実は明確な違いがあるのです。

では育毛剤と発毛剤はどのような違いがあるのでしょうか。

育毛剤とは

育毛剤とは、主に薄毛や抜け毛の予防を目的に使用するもので、主に脱毛症を発症していない健常者が使用することになり、すぐに効果を期待するというよりは将来へ向けたケアを目的としています。

頭皮を健康に保ち、栄養を与えることによってより抜けにくい毛髪へと育成することが育毛剤の役割で、抜けてしまった毛髪を毛穴からまた生えてくるよう促すのは発毛剤の役目ということになります。

育毛剤には頭皮を健康に保つ効果があるため、抜け毛や薄毛に悩んでいる方でなくとも使用することで頭皮のふけや痒みを予防する効果があります。

育毛剤は医薬部外品のものを選べば、副作用を引き起こすリスクを少なくすることが出来ます。

これは配合されている成分の違いが影響しており、育毛剤を使用する段階の方は副作用を引き起こすほどの成分を配合した育毛剤を使用することはあまり好ましくありません。

育毛剤を選ぶ際にはどういった成分が配合されているのかを確認することが大切です。

育毛剤の中でも効果が高いものであれば、副作用もなく有用な薄毛対策ができます。

【関連記事】
【2019年最新】BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の口コミと効果。実際に使ってみた感想も!

発毛剤とは

発毛剤は、髪の毛が抜け落ちてしまった毛穴から新たな毛髪の発毛を主な目的として薄毛の治療に使用されているものです。

治療を目的としているために発毛を促す成分が配合されているので医薬品にあたります。治療を目的とした薬品なので対象者は脱毛症を発症している方が主になります。

発毛剤に配合されている成分で「ミノキシジル」という成分がありこの成分が新しい毛髪の発毛と成長を促す役割を果たしています。

そのため「ミノキシジル」が配合されているかどうかで医薬品の育毛剤なのか発毛剤なのかを判断することが出来ます。

育毛剤の説明で触れた副作用のリスクについてはこの「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった成分が影響しており医薬品の育毛剤と発毛剤にはこの成分が含まれていることが多く、副作用としてめまい、痒み、手足のむくみなどを引き起こす可能性があります。

多くの発毛剤を使用すれば早く効果が出るというものでなく、反対に副作用を引き起こす原因にもなってしまいますので副作用のリスクを少なくするためにも正しい用法と容量で使用することが大切です。