おすすめの育毛剤を詳しく紹介します!ブブカゼロ、スカルプD、チャップアップなど。

現在ではヘアケア製品の需要が高まり、育毛剤についても実にさまざまなものが開発・発売されています。

選択肢がたくさんあるのは良いことですが、一方でどの育毛剤が自分に合っているのか悩んでしまう方も多いようです。

そこでここではおすすめの育毛剤として、人気の高い製品を5つご紹介していきます。

ブブカゼロ(BUBKA ZERO)

私が長期継続している育毛剤です。

薬用スカルプエッセンス「ブブカゼロ」は株式会社T.Sコーポレーションが開発し、医薬部外品として認定された製品です。

ブブカゼロは育毛有効成分としてセンブリエキス(頭皮の血行促進)、グリチルリチン酸ジカリウム(頭皮の炎症を抑える)、酢酸DL-α-トコフェロール(抗酸化作用)の3種を配合しています。

他には海藻由来のエキス「M-034」(血行促進、保湿効果)を高濃度で配合しているのが大きな特徴です。

【関連記事】
【2019年最新】BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の口コミと効果。実際に使ってみた感想も!

スカルプD

医薬部外品「スカルプD」はアンファー株式会社開発の、薬用育毛スカルプトニックです。

3種の育毛有効成分を配合していて、頭皮の血行改善に「酢酸-DL-α-トコフェロール」と「タマサキツヅラフジアルカロイド」を、フケ・かゆみの抑制に「グリチルリチン酸2K」でアプローチしていきます。

またスカルプDは特許取得の特殊ノズルを搭載していて、液材が頭皮にとどまりやすいように液ダレしにくいジェット噴射を実現しています。

スカルプDは研究開始から20年間、常に処方改良を続けている息の長い育毛剤です。

チャップアップ(CHAPUP)

医薬部外品「チャップアップ」は、株式会社ソーシャルテックが開発した医薬部外品の育毛ローションです。

3種の有効成分としてセンブリエキス(頭皮の血行促進)、グリチルリチン酸ジカリウムとジフェンヒドラミンHCl(頭皮の炎症を抑える)を配合しており、頭皮のトラブルを防いで血行を促進させていきます。

更に55種の天然成分、15種のアミノ酸で頭皮ケアを多方面からサポートします。

【関連記事】
BUBKA ZERO(ブブカゼロ)とチャップアップの違いを徹底比較!

サクセスバイタルチャージ

医薬部外品「サクセスバイタルチャージ」は、花王の薬用育毛剤です。

有効成分としてトランス-3,4′-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノンと(毛母細胞を活性化)、ニコチン酸アミドとスエルチアマリンKI(頭皮の血行促進)、β-グリチルレチン酸(頭皮の炎症を抑える)を配合しています。

フィンジア

フィンジアは株式会社ユーピーエスが開発したヘアトニックです。医薬部外品ではなく化粧品となります。

キャピキシルとピディオキシジルで乱れた頭皮のコンディションにアプローチし、頭皮の育毛環境を整えていきます。

フィンジアは化粧品の分類のため育毛効果は医薬部外品よりも緩やかなものとなります。

【関連記事】
BUBKA ZERO(ブブカゼロ)とフィンジア(FINJIA)の違いを詳しく比較!

まとめ

育毛剤は少なくとも数か月は使い続けることで、徐々に効果が出てきます。

自分に合いそうな育毛剤を見つけたら、焦らず気長に育毛剤を使っていくことが大切です。