BUBKA ZERO(ブブカゼロ)とフィンジア(FINJIA)の違いを詳しく比較!

毛髪を健康に育てていくためのヘアケア製品としては、育毛剤やヘアトニックが人気となっています。

その中でも人気や知名度が高いのが、BUBKA ZERO(ブブカゼロ)とフィンジア(FINJIA)です。

この2つのうちどちらを使おうか迷っている方々も多いようで、ここではブブカゼロとフィンジアの違いを見ていきましょう。

ブブカゼセロは「医薬部外品」、フィンジアは「化粧品」

ブブカゼロとフィンジアを比較する上で最も重要なのは、薬機法による分類です。

ブブカゼロは公式サイトの記載にもあるように「医薬部外品」、フィンジアは「医薬品」や「医薬部外品」という記載がないため、「化粧品」の分類となります。

「医薬部外品」の育毛剤は、厚生労働省の審査によって「育毛に対して効果が期待できる」と認められた「有効成分」が、一定濃度配合されていることが保証されています。

一方の「化粧品」はこういった審査を受けずに販売できるため、育毛の効果としては未知数な部分があります。

育毛に真剣に取り組むなら、ブブカゼロ

ブブカゼロとフィンジアを上記の分類の観点から比較すると、まずブブカゼロは公式の表記から「医薬部外品」であることが分かります。

「薬用」というのも、医薬部外品に認められた表記です。

ブブカゼロは「発毛促進・育毛促進・抜け毛やフケ予防に効果のある薬用有効成分を配合した育毛剤」と、はっきり記載されています。

ブブカゼロに配合されている育毛有効成分を具体的に挙げると、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールの3つです。

一方のフィンジアは公式サイトに「医薬品」や「医薬部外品」という記載がなく、「化粧品」の分類となります。

公式でも育毛剤ではなく、「ヘアトニック」と表記されています。

フィンジアの特徴としてキャピキシルやピディオキシジル、カプサイシンが挙げられますが、これらはあくまで「頭皮のコンディションに働きかける」ものとなっています。

また「10種類の毛髪成分を配合」とも謳われていますが、この毛髪成分とは「保湿・製肌」のためのものだと注釈があります。

このため真剣に髪の毛のケアをしたい、育毛のためのヘアケア製品を使いたい、と考えている方にはブブカゼロがおすすめです。

もちろん効き目には個人差がありますが、ブブカゼロには少なくとも「育毛効果が期待できる」と認定された成分がきちんと配合されているのです。

ただし化粧品であるフィンジアにも、メリットはあります。

化粧品のメリットとしては、医薬部外品よりも副作用の心配が少ないことが挙げられます。

したがって「今は髪の毛の心配はほとんどないけど、将来のために髪の毛に良さそうな製品をつかっておくか」といった方々には、化粧品類のヘアケア製品を使うのもよいでしょう。

このように「医薬部外品」と「化粧品」では、育毛に対する効果の期待度が変わってきます。ブブカゼロとフィンジアで迷ったら、自分がどの程度の育毛効果を望んでいるのかをよく考えて選択することが大切です。

【関連記事】
【2019年最新】BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の口コミと効果。実際に使ってみた感想も!