酢酸DL-α-トコフェロールとは? ブブカゼロにも含まれる成分です。

今回は育毛剤ブブカゼロの成分でもある、グリチルリチン酸ジカリウムについて詳しく解説していきます。

【関連記事】
【2019年最新】BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の口コミと効果。実際に使ってみた感想も!

酢酸DL-α-トコフェロールとは

酢酸DL-α-トコフェロールとは、「トコフェロール酢酸エステル」とも呼ばれ、ビタミンE(トコフェロール)の誘導体のことです。

化学合成のα-トコフェロールと酢酸のエステルになります。

酢酸DL-α-トコフェロールは、栄養補助サプリメント、食品類やジュース類など様々なものに使用されており、世界中で利用されている安全性の高い成分として利用されています。

また、 医薬品にも利用されており、一般用や医療用の医薬品として幅広く利用されています。

酢酸DL-α-トコフェロールは油に溶ける性質を持っているため、化粧品とも相性がよく、その成分の一つとして配合されていることがあります。

ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれており、抗酸化作用に特徴があるため、酢酸DL-α-トコフェロールは広く食品やサプリメント、医薬品や化粧品、歯磨き粉、育毛剤などに配合されています。

体の細胞の酸化を防ぎ、生活習慣病に起因する病気の予防に役立つ成分と考えられています。

酢酸DL-α-トコフェロールの効果

酢酸DL-α-トコフェロールは、化粧品や育毛剤の成分として、直接肌につけることによる効能も期待されており、この成分を配合する製品も数多く存在します。

育毛剤のブブカゼロにも酢酸DL-α-トコフェロールが配合されており、その他の各種の有効成分との相乗作用によって育毛効果を高めている点が特徴です。

酢酸DL-α-トコフェロールは、抗酸化作用によって細胞を老化から守り、健康な肌を維持することに貢献する期待ができます。

育毛剤として使用される場合は、頭皮環境を整え、頭皮の炎症を防ぐ効能が考えられます。

フケやかゆみを防ぎ、頭皮環境の悪化を予防する働きが育毛につながる成分として認識されています。

毛髪の土台は頭皮であり、頭皮環境が乱れることで健康な毛髪の成長が阻害される可能性があります。

毛髪生成の根本になる頭皮環境を整えることは、育毛にとって非常に重要な点です。

酢酸DL-α-トコフェロールは、頭皮環境に働きかけ、毛髪を作る土壌である頭皮の健康を保つことで育毛につなげていこうとするものです。

不健康な頭皮ではどのような効果的な育毛成分でも効能が発揮されにくくなるため、酢酸DL-α-トコフェロールによる頭皮環境の改善は育毛にとっても有効と考えられます。